Ranorex Instrumentation Wizard
Help CenterUser GuideInterfaces and connectivity

インストルメント ウィザード

Ranorex はさまざまな UI テクノロジーのテストをサポートしていますが、より適切な自動化をおこなうためには、一部のテクロノジーについては、インストルメントと呼ばれる処理をおこなう必要があります。インストルメントとは、Ranorex が特定のテクノロジーの UI 要素を識別できるように、アドオンのインストールや、一部のコードの挿入をおこなう処理です。

Ranorex インストルメント ウィザードは、以下のテクノロジーに対して、この処理をおこなうためのウィザードです。

  • Adobe Flash/Flex
  • Mozilla Firefox
  • Google Chrome
  • Android/iOS apps
Note icon

メモ

Mozilla Firefox または Google Chrome の場合、テスト開始時に ⇢ Open browser アクション を使用して、インストルメントを自動的におこなうことをおすすめします。

インストルメント ウィザードの起動

ここでは、インストルメント ウィザードを起動するためのさまざまな方法について説明します。

テクノロジーの制限警告から

上述のテクノロジーについて、インストルメントをおこなわずに自動化をおこなおうとした場合、テクノロジーの制限警告が表示されます。このダイアログには、インストルメント ウィザードを直接実行するためのボタンがあります。

Google Chrome についての警告
Flash/Flex についての警告
Mozilla Firefox についての警告

モバイル テストを作成するとき

モバイル テストの作成ダイアログで、アプリの追加 をクリックすると、インストルメント ウィザードが自動的に起動されます。これは、アプリをモバイル デバイスにデプロイする前に、インストルメントをおこなう必要があるためです。

インストルメント ウィザードが起動される アプリの追加… ボタン

Android/iOS エンドポイントの設定から

Android/iOS エンドポイントの設定から、インストルメント ウィザードを起動することもできます。

Android エンドポイント設定の アプリのインストルメントとデプロイ メニュー

メニューから

ツール > インストルメント ウィザード から起動することもできます。

Windows スタート メニューから

インストルメント ウィザードはスタンドアローンのプログラムのため、Windows のスタート メニューから起動することもできます。

コマンド ラインでのインストルメント

コマンド ラインからインストルメントすることもできます。インストルメント ウィザードの実行ファイルは、Ranorex Studio のインストール フォルダーの /bin/ フォルダーにあります。使用可能な引数は以下の通りです。

インストルメント ウィザードの実行ファイル

?|help

コマンドラインのヘルプを表示します。pagename パラメーターを追加して、指定したテクノロジーのヘルプを表示できます。

使用可能な pagename は、android, chrome, firefox, flex, ios です。

Android arguments (basics)

d|device

  • APK ファイルをデプロイするモバイル デバイスの名前です。
  • deployment オプションが NoDeploy に指定されている場合、このパラメーターの指定は不要です。

a|apkfile

  • デプロイする APK ファイルをフルパスで指定します。

s|skip

  • True: インストルメントをおこなわずにデプロイのみおこないます。
  • False (デフォルト): インストルメントとデプロイをおこないます。

dm|deploymode

  • APK ファイルのデプロイ方法を指定します。
  • WiFi | Usb | NoDeploy | Auto (デフォルト) のいずれかを指定できます。
  • NoDeploy: デプロイをおこないません。
  • Auto: デバイス設定と同じモードでデプロイをおこないます。

o|outfile

  • インストルメント済みファイルの出力場所を指定します。
  • パスへの読み取り/書き込み権限が必要です。
  • インストルメント元のファイル名に、-insrumented というサフィックスが追加された APK ファイルを生成します。ファイルが既に存在する場合上書きされます。
  • skip オプションが true の場合には、何もおこないません。

Android arguments (signing APKs)

JdkBinPath

  • JDK インストール フォルダーへのフルパスを指定します。

KeyAlias

  • jarsigner で使用される keystore entity のエイリアスを指定します。

KeyPass

  • jarsigner のパスワードを指定します。
  • 注意: パスワードは平文で格納されます。

KeyStore

  • jarsigner keystore をフルパスで指定します。

KeyStorePass

  • jarsigner keystore のパスワードを指定します。
  • 注意: パスワードは平文で格納されます。
Note icon

メモ

カスタム署名の場合、KeyStore, KeyAlias, KeyStorePass, KeyPass および JDKBinPath を指定する必要があります。

Android arguments (instrumentation settings)

RIdClass

  • リソース ID を特定するためのクラス名を指定します。(例: com.ranorex.demo.R)
  • デフォルトでは、.R で検索します。

EnableWebTesting

  • True (デフォルト): UI 階層に Web view の DOM コンテンツを表示します。
  • False: DOM コンテンツを表示しません。
  • 重要: この機能は、アプリのパフォーマンスに大きな影響を与えます。

FullImageComparison

  • イメージのリソース ID を特定するために、より堅牢な画像比較をおこないます。
  • 重要: この機能は、スタートアップのパフォーマンスに影響を与えます。

TreeSimplification

  • True (デフォルト): = 生成される UI 要素のツリーを簡略化するための後処理を実行します。
  • False: = 後処理を実行しません。これにより、より大きな UI 要素ツリーが生成されます。サードパーティ製の Android コントロールを自動化する場合に便利です。

Chrome arguments

e|enable

  • True: Ranorex Chrome アドオンを有効化します。
  • False: Ranorex Chrome アドオンを無効化します。

Firefox arguments

enew|enablenew

  • True: Ranorex Firefox アドオンを有効化します。
  • False: Ranorex Firefox アドオンを無効化します。

Flex arguments

pl|preloader

  • True: Ranorex preloader を有効化します。
  • False: Ranorex preloader を無効化します。

ie

  • True: Flex debug player for Internet Explorer を有効化します。
  • False: Flex debug player for Internet Explorer を無効化します。

ff|firefox

  • True: NPAPI Flex debug player for Firefox/Safari を有効化します。
  • False: NPAPI Flex debug player for Firefox/Safari を無効化します。

cr|chrome

  • True: Flex PPAPI debug player for Chrome を有効化します。
  • False: Flex PPAPI debug player for Chrome を無効化します。

o|other

  • True: cr および ff オプションを有効化します。
  • False: cr および ff オプションを無効化します。

ft|flextrace

  • True: Flash tracelog を有効化します。
  • False (デフォルト): Flash tracelog を無効化します。

iOS arguments

u|udid

  • アプリケーションをデプロイするデバイスの識別子 (Unique ID) を指定します。
  • このオプションの代わりに、dn|devicename オプションを使用することもできます。
Note icon

メモ

UDID は、エンドポイントの詳細から確認できます。

dn|devicename

  • アプリをデプロイするモバイル デバイス名を指定します。

ip|inputpath

  • デプロイする IPA ファイルをフルパスで指定します。

o|outfile

  • インストルメント済みファイルの出力場所を指定します。
  • パスへの読み取り/書き込み権限が必要です。
  • インストルメント元のファイル名に、-insrumented がサフィックスとして追加された IPA ファイルを生成します。
  • skipinstrumentation オプションが true の場合、何もおこないません。

si|skipinstrumentation

  • True: インストルメントをおこなわずにデプロイのみおこないます。
  • False (デフォルト): インストルメントとデプロイをおこないます。

sd|skipdeployment

  • True: デプロイをおこないません。
  • False (デフォルト): デプロイをおこないます。

k|keypath

  • P12 証明書ファイル (*.p12) へのパスを指定します。

pw|password

  • P12 証明書ファイル (*.p12) のパスワードを指定します。

pp|provisionpath

  • Embedded mobile provision profile (*.mobileprovision) へのパスを指定します。

ai|appid

  • Application ID (Bundle identifier) を指定します。
  • 新しいアーカイブをインストールする前にアプリケーションをアンインストールするために必要になります。
  • デフォルトでは、ID の入力が必要です。
  • auto を指定するとインストルメント時に、自動的な解決を試みます。

db|deploybrowser

  • True: RxBrowser のデプロイをおこないます。
  • False (デフォルト): デプロイをおこないません。

ds|deployservice

  • True: Ranorex Service App のデプロイをおこないます。
  • False (デフォルト): デプロイをおこないません。

ub|uninstallbrowser

  • True: RxBrowser のデプロイの前に、アンインストールをおこないます。
  • False (デフォルト): アンインストールをおこないません。

ub|uninstallservice

  • True: Ranorex Service App のデプロイの前に、アンインストールをおこないます。
  • False (デフォルト): アンインストールをおこないません。

uf|uninstallfail

  • True: アプリのアンインストールに失敗した場合にエラー メッセージを表示します。
  • False (デフォルト): エラー メッセージを表示しません。