Google Chrome/Microsoft Edge

このセクションでは、Google Chrome および Microsoft Edge をインストルメントする方法について説明します。基本的な手順は同じです。また、これらのブラウザーで自動化をおこなう場合の推奨事項についても説明します。

Chrome への Ranorex Automation アドオンのインストール

Ranorex Automation アドオンをインストールするために、インストルメント ウィザードを起動します。

ブラウザーのインストルメント を選択します。

Google Chrome を有効にします。

インストルメントが成功した旨のメッセージが表示されたら、完了 をクリックします。

ブラウザーを再起動します。ツールバーに表示された拡張機能アイコンをクリックし、Ranorex アドオンが正常にインストールされたことを確認してください。

Note icon

メモ

Ranorex Studio をインストールし Google Chrome のインストルメントをおこなうと、Chrome のメニューに “組織によって管理されています” というメッセージが表示されます。

Ranorex Studio のアンインストール後にもこのメッセージが表示される場合には、Chrome ブラウザの管理を停止する の手順を確認ください。

Edge への Ranorex Automation のインストール

Ranorex Automation アドオンをインストールするために、インストルメント ウィザードを起動します。

ブラウザーのインストルメント を選択します。

Microsoft Edge を有効にします。

インストルメントが成功した旨のメッセージが表示されたら、完了 をクリックします。

ブラウザーを再起動します。メニューに表示されている警告アイコンをクリックし、Ranorex Automation extension has been added メッセージを選択します、

有効化 をクリックします。

手動でのインストール

インストルメント ウィザードを使用せずに、アドオンを手動でインストールすることもできます。

アドレスバーに chrome://extensions (Google Chrome) または edge://extensions (MS Edge) を入力します。
パッケージ化されていない拡張機能を読み込む をクリックします。
Ranorex Studio のインストール フォルダーにある Ranorex Chrome Extension フォルダーを参照します。
OK をクリックします。

Chrome/Edge でテストする場合の注意事項

  • クロス ドメインの iframe スクリプトをテストする場合は、コマンドライン引数 –disable-web-security –user-data-dir=“” を指定してブラウザーを起動してください。
  • Ranorex アドオンの拡張機能 ID が、 binRanorex.Plugin.ChromeMsgHost.manifestファイルの “allowed_origins” セクションにあることを確認してください。
  • 拡張機能 NoScript がインストールされている場合、無効にしてください。

オフライン/ローカル HTML ファイルのテスト (“ファイルの URL へのアクセスを許可する”)

オフライン/ローカル HTML ファイルをテストするには、”ファイルの URL へのアクセスを許可する” オプションを有効にする必要があります。しかしながら、技術的な制約から、インストルメント ウィザードや Open browser アクションを使用して Google Chrome/Microsoft Edge をインストルメントした場合には、このオプションが動作しません。

ここでは、その回避方法について説明します。

Google Chrome

拡張機能がインストールされていることを確認します。(Google Chrome ストアから直接インストールした場合を除く)
拡張機能のインストール フォルダーに移動します。
%LOCALAPPDATA%GoogleChromeUser DataDefaultExtensionsegdlgaljianpgdlmfijpphbadibfncdm
1.2.9_0 というフォルダーを、別の場所にコピーします。
コピーしたフォルダーを開き、manifest.json というファイルを探します。
テキスト エディターなどでこのファイルを開き、“permissions” の箇所に “storage” を追加します。以下のようになります。
"permissions": [ "background", "tabs", "nativeMessaging", "http://*/*", "https://*/*", "storage" ],
ファイルを保存して閉じます。
インストルメント ウィザードを使用して、Ranorex 拡張機能をアンインストールします。
Chrome を起動し、拡張機能のページに移動し、デベロッパー モードを有効にします。
パッケージ化されていない拡張機能を読み込む をクリックし、先ほど編集した manifest.json ファイルが含まれている、コピーした 1.2.9_0 フォルダーを参照します。
Chrome で表示されている各種エラーを解決するために、インストルメント ウィザードを使用し、再度拡張機能をインストールします。

MS Edge

拡張機能がインストールされていない場合には、手順 2 から開始してください。

インストルメント ウィザードを使用して、拡張機能をアンインストールします。
Edge で、Google Chrome ストアにアクセスします。
Ranorex Automation 拡張機能を検索し、インストールします。
拡張機能の設定から、ファイルの URL へのアクセスを許可する オプションを有効にします。