iOS アプリ

この章では、iOS アプリのインストルメントについて説明します。

tipp icon

Attention

iOS 開発者向け: インストルメント プロセスの一部として、テスト対象アプリは Ranorex automation library と共にコンパイルされます。このライブラリは、IPA ファイルにいくつかの機能と権限を追加します。

インストルメントされたアプリは、App Store には公開しないでください

インストルメントされたアプリは、TestFlight では動作しません

アプリとモバイル デバイスの準備

アプリをインストルメントおよびデプロイする前に、以下を確認してください。

アプリの準備

iOS アプリをインストルメントするには、IPA ファイル、P12 証明書およびパスワード、Mobile Provisioning Profile が必要です。

Ranorex Studio がインストールされているコンピューターから、IPA にアクセスできることを確認してください。 IPA のコピーを、対象のコンピューターのフォルダーに格納することをおすすめします。

モバイル デバイスの準備

  • ⇢ デバイスの設定 をおこなってください。
  • Ranorex Studio がインストールされているコンピューターに、⇢ デバイスを接続 してください。
  • デバイスで、Ranorex Service App を起動してください。
Note icon

Note

インストルメト ウィザードを使用することで、アプリをインストルメントして、モバイル デバイスにすぐにデプロイできます。この場合、モバイル デバイスを USB 経由でコンピューターに接続する必要があります。

インストルメントの例

この例では、KeyPass アプリをインストルメントします。KeyPass は、GNU General Public License で利用できます。詳しくは、https://keepass.info/help/v1/license.html を確認してください。

インストルメントの準備として、Ranorex Studio がインストールされているコンピューターの、iOS app testing フォルダーに、IPA ファイル、P12 証明書、Mobile Provisioning Profile を格納します。

テクノロジーの選択

インストルメント ウィザードを起動します。
iOS を選択し、次へ をクリックします。

IPA の選択と設定

参照… をクリックし、IPA ファイルを選択します。
参照… をクリックし、Mobile Provisioning Profile を選択します。Mobile Provisioning Profile は、Apple Developer portal から入手できます。
参照… をクリックし、p12 ファイル を選択します。p12 ファイルは、Apple Developer portal から入手できます。
p12 ファイルのパスワードを入力し、次へ をクリックします。

アプリのインストルメントが成功した旨のメッセージが表示されます。

インストルメントの設定

設定 をクリックします。
必要に応じてオプションを設定します。

Custom Options

CollectionCapacity: Collection list item の最大数を設定します。

PickerCapacity: Picker list item の最大数を設定します。

Customization

CodeDirectoryVersion: IPA の Directory version を設定します。

Entitlements file: Entitlements ファイルへのパスを指定します。詳細は、Codesign entilements ファイルの利用方法を確認ください。

Instrumentation mode

Resign only: True に設定した場合、Ranorex は選択した IPA ファイルの署名の変更のみをおこないます。通常は False を設定してください。

Skip deployment: True に設定した場合、Ranorex は IPA ファイルのデプロイ処理をおこないません。つまり、エンドポイントへの IPA ファイルのアップロードをおこないません。デフォルトは False です。

Skip instrumentation: True に設定した場合、Ranorex は IPA ファイルへの署名を含むインストルメント処理をおこなません。デフォルトは False です。

Note icon

メモ

インストルメントが失敗する場合には、⇢ デバイスの設定 および ⇢ デバイスの接続 が正しくおこなわれていることを確認してください。また、他のプログラムがリソースを消費していることで、インストルメントに時間がかかり、タイムアウトになる場合もあります。他のすべてのプログラムを終了するか、インストルメント関連のタイムアウト設定を変更してください。

結果

アプリが正常にインストルメントおよびデプロイされている場合、デバイスに以下のように表示されます。

Ranorex Service App に表示されたインストルメント済みアプリ
デバイスのホームスクリーンに表示されたインストルメント済みアプリ

tipp icon

注意

iOS アプリを、初めてインストルメントおよびデプロイした後には、アプリを一度手動で起動してください。一度起動しないと、Ranorex Service App 上に表示されません。

Ranorex Studio では、モバイル テスト作成時のダイアログに、対象のアプリが表示されます。