iOS | Ranorex
Help CenterUser GuideInterfaces and connectivity

iOS アプリ

この章では、iOS アプリのインストルメントについて説明します。

tipp icon

注意

iOS 開発者向け: インストルメント プロセスの一部として、テスト対象アプリは Ranorex automation library と共にコンパイルされます。このライブラリは、IPA ファイルにいくつかの機能と権限を追加します。そのため、インストルメントされたアプリは、App Store には公開しないでください。

事前準備

アプリをインストルメントおよびデプロイする前に、以下を確認してください。

アプリの準備

iOS アプリをインストルメントするには、IPA ファイル、P12 証明書およびパスワード、Mobile Provisioning Profile が必要です。

Ranorex Studio がインストールされているコンピューターから、IPA にアクセスできることを確認してください。 IPA のコピーを、対象のコンピューターのフォルダーに格納することをおすすめします。

モバイル デバイスの準備

  • ⇢ デバイスの設定 をおこなってください。
  • Ranorex Studio がインストールされているコンピューターに、⇢ デバイスを接続 してください。
  • デバイスで、Ranorex Service App を起動してください。
Note icon

メモ

インストルメト ウィザードを使用することで、アプリをインストルメントして、モバイル デバイスにすぐにデプロイできます。この場合、モバイル デバイスを USB 経由でコンピューターに接続する必要があります。

インストルメントの例

この例では、KeyPass アプリをインストルメントします。KeyPass は、GNU General Publice License で利用できます。詳しくは、https://keepass.info/help/v1/license.html を確認してください。

インストルメントの準備として、Ranorex Studio がインストールされているコンピューターの、iOS app testing フォルダーに、IPA ファイル、P12 証明書、Mobile Provisioning Profile を格納します。

テクノロジーの選択

インストルメント ウィザードを起動します。
iOS を選択します。
次へ をクリックします。

IPA の選択と設定

IPA のインストルメントとデプロイ を選択し、次へ をクリックします。

参照… をクリックし、IPA が格納されているフォルダーを選択します。
IPA ファイルを選択します。

設定… をクリックします。
P12 ファイルを指定します。
P12 ファイルのパスワードを入力します。
Mobile Provisioning Profile を指定します。
OK をクリックします。

テスト対象アプリのインストルメントの実行
テスト対象アプリのデプロイの実行

モバイル デバイスの選択

利用可能なデバイス リストボックスから、デバイスを選択します。

インストルメントとデプロイの開始

次へ をクリックし、インストルメントを開始します
インストルメントには、数分間かかる場合があります。

アプリが正常にインストルメントされました。

Note icon

メモ

インストルメントが失敗する場合には、 ⇢ デバイスの設定 および ⇢ デバイスの接続 が正しくおこなわれていることを確認してください。また、他のプログラムがリソースを消費していることで、インストルメントに時間がかかり、タイムアウトになる場合もあります。他のすべてのプログラムを終了するか、インストルメント関連のタイムアウト設定を変更してください。

結果

アプリが正常にインストルメントおよびデプロイされている場合、デバイスに以下のように表示されます。

Ranorex Service App に表示されたインストルメント済みアプリ
デバイスのホームスクリーンに表示されたインストルメント済みアプリ

Ranorex Studio では、モバイル テスト作成時のダイアログに、対象のアプリが表示されます。