Install and configure plugins | Ranorex
Help CenterUser GuideInterfaces and connectivity

プラグインのインストールと設定

Jenkins は、プラグインを使用して、他のアプリケーションの機能との連携をおこないます。Ranorex Studio テストとの連携をおこなうためには、いくつかのプラグインが必要になります。オプションのプラグインで、機能を追加することもできます。これらのプラグインのうちいくつかは、通常、Jenkins サーバーにプリインストールされていますが、他のプラグインについては、ダウンロードして有効化する必要があります。

このセクションでは、必須のプラグインとオプションのプラグイン、およびそれらが Ranorex Studio との連携で正しく機能するために、Jenkins で必要となる設定について説明します。

プラグインへのアクセス

プラグインのダウンロードとインストールについては、公式のJenkins のドキュメント を参照してください。

Jenkins プラグインへのアクセスは以下の手順でおこないます。

Manage Jenkins をクリックします。
Manage Plugins をクリックします。

以下が表示されます。

Installed に、インストール済みのプラグインが表示されます。Available に、ダウンロード可能なプラグインが表示されます。
Filter から、プラグインを検索できます。

必須とオプションのプラグイン

Ranorex Test Execution Plugin

Jenkins が Ranorex Studio のテストを処理するために、ダウンロードおよびインストールする必要があります。

MSBuild Plugin

Jenkins が Ranorex Studio ソリューションをコンパイルおよびビルドするために、ダウンロードおよびインストールする必要があります。

GitHub Plugin

プリインストールされています。オプションです。Jenkins が GitHub リポジトリへアクセスできるようにします。今回の例では GitHub を使用するため使用します。他のバージョン管理システムを使用する場合には、必要となるプラグインをインストールしてください。

JUnit Plugin

プリインストールされています。Jenkins がテスト結果レポートを JUnit 形式で出力できるようにします。Ranorex Studio のJUnit 形式レポートを使用する場合には必要です。

プラグインの設定

一部のプラグインは、Ranorex Studio との連携が正しく機能するように、いくつかの設定をおこなう必要があります。

Ranorex Test Execution Plugin の設定

Manage Jenkins をクリックします。
Configure System をクリックします。

Ranorex Integration の、Summarize arguments in Console output オプションをチェックします。
Save をクリックします。

MSBuild Pluginの設定

Manage Jenkins をクリックします。
Global Tool Configuration をクリックします。

Add MSBuild をクリックします。
ビルドの適切な名前を入力します。
ローカルの MSBuild へのパスを入力します。
Save をクリックします。