Ranorex Magic Merger | Ranorex
Help CenterUser GuideInterfaces and connectivity

Ranorex Magic Merger

Ranorex Magic Merger を使用すると、ソース管理下で XML ベースの Ranorex ファイルの自動マージをおこなうとともに、手動での競合解決を即座におこなえます。

以下のファイル タイプを扱えます。

  • Ranorex テスト スイート ファイル .rxtst
  • Ranorex リポジトリ ファイル .rxrep
  • プロジェクト ファイル .csproj or .vbproj
tipp icon

注意

リポジトリのマージは、リポジトリに関連付けられている自動生成コード (.cs or .vb) にも影響を与えます。これらのコード ファイルが正しく動作するよう、マージ処理後に Ranorex Studio でソリューションをリビルドし、これらのコード ファイルを再生成する必要があります。

自動生成コードが影響を受ける可能性がある場合、Magic Merger はメッセージを表示します。

Ranorex Magic Merger のセットアップ

Ranorex Magic Merger は、上記のファイル タイプ用のデフォルトのマージ ツールとして、ソース管理システムと統合して利用するように設計されています。セットアップ方法は、対象のソース管理システムごとに異なります。

Git

Git の管理下にあるソリューションを開くか、ソリューションを Git に追加すると、上述のファイル タイプのデフォルトのマージ ツールとして Ranorex Magic Merger を使用するかの確認ダイアログが表示されます。はい を選択すると、すべてのセットアップが自動でおこなわれます。この確認ダイアログは、Git リポジトリごとに表示されます。つまり、全体のデフォルト マージ ツールとして設定される訳ではありません。

Note icon

メモ

Ranoerx Magic Merger を使用しない、かつ、今後このメッセージを表示しない をチェックすると、すでに Magic Merger を使用しているリポジトリを除き、他のすべての Git リポジトリで Magic Merger を使用しません。この確認ダイアログは再度表示されません。このダイアログを再度表示するには、設定の ダイアログ設定を戻す オプションを使用してください。

SVN

上記のファイル タイプのデフォルトの マージ ツールとして Ranorex Magic Merger を使用するよう、SVN で手動で設定する必要があります。TortoiseSVN の場合には、設定を開き、外部プログラム > マージツール > 高度な設定 から、上記の 3 種類の Ranorex ファイル タイプを追加します。コマンドとして以下を指定します。パスは必要に応じて変更してください。
C:\Program Files (x86)\Ranorex\Studio\Bin\Ranorex.MagicMerger.exe -base:%base -mine:%mine -theirs:%theirs -output:%merged

TFVS

上記のファイル タイプのデフォルトの マージ ツールとして Ranorex Magic Merger を使用するよう、TFVS で手動で設定する必要があります。このページ の内容を確認の上、上記の 3 種類の Ranorex ファイル タイプを追加します。コマンドとして以下を指定します。パスは必要に応じて変更してください。
C:\Program Files (x86)\Ranorex\Studio\Bin\Ranorex.MagicMerger.exe -base:%3 -mine:%1 -theirs:%2 -output:%4

ローカルでの使用

いくつかの特殊なケースでは、Magic Merger をローカルで使用することもできます。必要な引数を指定して、コマンドラインから起動してください。パスは必要に応じて変更してください。
C:\Program Files (x86)\Ranorex\Studio\Bin\Ranorex.MagicMerger.exe -base: -mine: -theirs: -output:
マージ処理の結果として、出力ファイルが自動的に生成されます。

マージ

ほとんどの場合、マージの大部分は自動的におこなわれ、マージが正常に完了したことを示す画面が表示されます。しかし、他のすべてのマージ ツールと同様に、ユーザーの介入が必要になる場合があります

このような場合には、手動マージ画面が表示されます。

Merge screen (Simple view)

Merge screen (Expert view)

競合の種類とその説明です。

シンプル ビューエキスパート ビュー の切り替えです。

ビューのレイアウト選択です。

異なるファイル バージョンを示す 3 つのセクションです。 (エキスパート ビューのみ)

ノードの構造を確認するには、いずれかのタブを選択します。ノードには、青色でマークされた競合が含まれます。

Ranorex Test Suite Runner でファイルを開きます。

競合の解決方法の選択です。

解決済みおよび保留中の競合の数です。選択された解決方法に応じて、この数は変動します。

競合を解決するには、変更内容を確認し、解決方法を選択してから続行をクリックします。すべての競合が解決されると、成功メッセージが表示され、マージが完了します。