Qt testing | Ranorex
Help CenterUser GuideInterfaces and connectivity

Qt

Ranorex Studio は、Qt アプリのテスト自動化をサポートしています。

サポートする Qt のバージョン:

  • Qt Widgets: Qt version 4.5.3 以降
  • Qt Quick: Qt version 5.0.2 以降
  • Qt WebKit: Qt version 4.6.4 以降

動的リンクされた Qt アプリのみをサポートします。

手動インストルメントは不要です。Ranorex Studio は自動でインストルメントをおこないます。

Note icon

メモ

モバイル Qt アプリはサポート対象外です。

MSAA Accessibility によるオブジェクト認識

デフォルトの Qt オブジェクト認識方式を使用したくない場合、MSAA (Microsoft Active Accessibility) および Qt Accessibility を使用する、以前の認識方式に戻すこともできます。

以下の手順で設定します。

Ranorex Studio で、設定 > Plugins > Qt に移動します。
Use Qt legacy automation modeTrue に設定します。.

Qt アプリケーションでの Accessibilitye plugin のロード

Qt アプリが、MSAA をサポートしていることを確認してください。サポートしていない場合、Ranorex Studio は UI 要素を識別できません。テスト対象の Qt アプリで、Qt Accessibility pluginをロードおよび格納する必要があります。Qt Accessibility plugin は、Qt SDK に含まれています。

Qt SDK のインストール フォルダーに移動し、accessible というフォルダーを探します。Qt SDK にアクセスできない場合には、アプリケーションの開発者に連絡し、accessible フォルダーを送信してもらってください。
accessible フォルダーと配下のファイルを、テスト対象アプリの plugins フォルダー (例: Program Files\YourApplication\plugin) にコピーします。
テスト対象アプリのルート ディレクトリ (例: Program Files\YourApplication) に、qt.conf という名前の新しいファイルを作成し、以下のコードを記述します。ファイルが既に存在する場合には、以下の内容を追記します。

[Paths]
Plugins = plugins

これにより、以下の図のように、Ranorex Studio が UI 要素を識別できるようになります。

Without accessibility plugin

With accessibility plugin