Manage and assign data sources | Ranorex Studio User Guide
Help CenterUser GuideRanorex Studio advanced

データ ソースの管理と割り当て

データ ソースは、データ駆動型テストの重要な要素です。データ ソースは、変数が値を取得する場所です。この章では、データをテスト実行に使用できるように、データ ソースをテスト コンテナーに追加、管理、および割り当てる方法について説明します。

tipp icon

スクリーンキャスト

The screencast “managing data sources” walks you through the information found in this chapter.:

Watch the screencast now

データ ソースの作成

データ ソースの作成は、テーブルの作成と同じくらい簡単です。データ ソースの内容は、テストに依存します。したがって、データ ソースの設定方法については、このユーザー ガイドには含まれていません。

サンプル ソリューションを実行するには、データ ソースが必要です。

CSV ファイルをダウンロード して任意のディレクトリに解凍するか、または以下のテキストをコピーしてテキスト ファイルに貼り付け、それを .csv として保存してください。

FirstName,LastName,Age,Gender,Department,Num
John,Public,48,Male,Project Management,1
Mary,Smith,36,Female,Sales,2
Henry,Rogers,29,Male,Support,3
Thomas,Bach,42,Male,Development,4
Cindy,Martens,19,Female,Office,5
Hanna,Perry,48,Female,Management,6
Will,Hallmark,32,Male,Support,7
Nicole,Wallace,38,Female,Testing,8

データ ソースの管理

データ ソースとそれに含まれるテスト データは、テスト スイートごとに管理されます。これは以下を意味します。

  • テスト スイートに追加すると、データ ソースをこのテスト スイートのテスト コンテナーに割り当てることができます。
  • テスト スイートBからテスト スイートAのデータ ソースにアクセスすることはできません。まず、テスト スイートBにデータ ソースを追加する必要があります。
  • データ ソースを各テスト スイートに追加することで、複数のテスト スイートで同時に使用できます。

データ ソース管理へは、以下の方法で直接アクセスできます。

テスト スイート ビューの MANAGE DATA SOURCES… をクリックします。

また、以下の方法でもアクセスできます。

テスト スイート ツールバーの データソース… をクリック
テスト コンテナーの右クリック メニューから データ ソース… をクリック

Accessing test data management

データ ソースの管理ダイアログ

データ ソースの管理ダイアログが表示されます。以下の手順で、サンプル プロジェクトにCSVデータ ソースを追加します。

新規 > CSV connector… をクリックします。

Basic data source operations

新しいデータ ソースを追加します。4 種類のデータ ソースが利用可能です。

既存のデータ ソースを削除します。

tipp icon

注意

Simple data table の削除は、データの物理的な削除を意味します。データは失われます。これは、Simple data table のデータは、テスト スイート ファイルに直接格納されるためです。

このダイアログでの Excel, CSV, SQL データ ソースの削除は、データ ソースへの接続の削除を意味します。データ ソース自体は、そのまま保持されます。

データ ソースを複製します。
Simple data sources の場合には、データ ソースの内容とその設定を複製します。他のすべてのデータソースの場合には、コネクターとその設定を複製することを意味します。これはたとえば、同じExcelデータ ソースの異なるシートを指定するのに役立ちます。

追加されたデータ ソースのリストです。それぞれコネクター タイプ (Simple、CSV、Excel、SQL) および使用数 (テスト スイートでデータ ソースが割り当てられている数) を表しています。

データ ソースの種類に応じて特定の設定を管理できます。利用可能な設定は、データ ソースの種類ごとに以降で説明します。

データ ソースの割り当て

データ ソースを追加したら、テスト コンテナーに割り当てる必要があります。それによって、コンテナー中のモジュール/変数が、データにアクセスできるようになります。

以下の手順でおこないます。

データ ソースを割り当てたいテスト コンテナーを選択します。
右クリック メニューから データソース… をクリックします。

Accessing test data assignment from test case and smart folder

ドロップダウン メニューから、割り当てるデータ ソースを選択し、OK をクリックします。
割り当てたデータ ソースがデータ行数とともに表示されます。

Assigning a data source to a test case or smart folder

データ ソースの割り当てルール

テスト コンテナーへのデータ ソースの割り当てには、いくつかの簡単なルールが適用されます。

ルール 1 テスト コンテナーに割り当てたデータ ソースは、その子のテスト コンテナーには割り当てできません。
ルール 2 テスト コンテナーに割り当てたデータ ソースは、そのテスト コンテナーのすべての子からアクセスできますが、その兄弟や親からはアクセスできません。
ルール 3 ツリー内のデータ ソースは補完的であり、互いを置き換えません。

例 1

例としてこれらのルールがどのように機能するかを見てみましょう。テスト スイートに 2 つのデータ ソース (CSV データ ソース myCSVData、および Excel データ ソース myExcelData) があるとします。

Data source assignment example I

CSV データ ソースは、スマート フォルダー A-1 に割り当てられています。
Excel データ ソースは、スマート フォルダー A-2 に割り当てられています。
ルール #2 に従い、テスト ケース A とその配下のモジュールは、子のテスト コンテナーのデータ ソースにアクセスできません。
ルール #2 に従い、スマート フォルダー A-1 のモジュールは、CSV データ ソースにアクセスできます。
ルール #2 および #3 に従い、スマート フォルダー A-2 のすべてのモジュールは、CSV および Excel データ ソースにアクセスできます。
ルール #2 および #3 に従い、スマート フォルダー A-2 配下のテスト ケースおよびスマート フォルダーのすべてのテスト モジュールは、CSV および Excel データにアクセスできます。

例 2

Data source assignment example II

すべてのデータ ソースが、テスト ケース B およびスマート フォルダー 1 の配下で割り当てられています。したがって、B および 1 のテスト モジュールで利用できるデータ ソースはありません。

Excel データ ソースが、スマート フォルダー 1-1 に割り当てられています。したがって、このツリー配下のテスト モジュールは Excel データにアクセスできます。

CSV データ ソースが、スマート フォルダー 1-2 に割り当てられています。したがって、配下のテスト モジュールは CSV データにアクセスできます

Excel データ ソースが、スマート フォルダー 1-2-1 に割り当てられています。ルール #3 に従い、配下のテスト モジュールは、CSV および Excel データにアクセスできます。

Excel データ ソースが、スマート フォルダー 1-3 に割り当てられています。配下のテスト モジュールは Excel データにアクセスできます。

データ ソースの種類とコネクタ

Ranorex Studioは、4 つの異なるタイプのデータ ソース (Simple, CSV, Excel, SQL データ テーブル) をサポートします。

Simple data table を除いて、これらのソースはすべてコネクタを介して追加されます。つまり Ranorex Studioは、データ テーブル ファイルへのリンクのみをおこないます。ファイル コンテンツは、テスト スイートに追加されません。

Simple data table


Simple data table は、簡単なテストなどの、小さなデータ駆動型テストをすばやく設定したい場合に便利です。大量のデータ行を扱うテストにはおすすめしません。

Simple data table では、すべてのデータとともにテスト スイート ファイル (.rxtst) に直接格納されます。そのため、データ ソース ダイアログ上で、直接管理する必要があります。

Simple data table の追加は以下の手順でおこないます。

新規 > Simple data table をクリックします。
データ ソースの名前を入力します。
OK をクリックします。

Creating a simple data table - part I

マスク オプションについては、別のセクションで説明しています。

テスト コンテナーのデータ ソース ダイアログで、作成したデータ ソースを選択し、テーブルにデータを入力します

Creating a simple data table - part II

入力が完了したら OK をクリックします。

Creating a simple data table - part III

データの範囲を指定することもできます。このオプションについては、別のセクションで説明しています。

Excel data connector


Excel データ ソースは、コネクタを介して追加できます。

tipp icon

ヒント

デフォルトの Excel ファイル形式 xlsx ではなく、バイナリ形式の xlsb を使用することもできます。このファイル形式は、Microsoft Office 2007 以降でサポートされており、xlsx 形式と比べると、より高速な処理が可能です。

Excel connector の追加は以下の手順でおこないます。

新規 > Excel connector… をクリックします。
コネクタの設定をおこない、OK をクリックします。

Creating an Excel data connector

Excel connector の設定:

Excel connector の名前、および Excel ファイルの場所を指定します。
プロジェクト フォルダーに Excel ファイルをコピーします。ソリューションをバージョン管理している場合には、このオプションにチェックを入れてください。

tipp icon

ヒント

いずれのケースでも、このオプションを有効にすることを強くおすすめします。そうすることで、テスト データ ファイルの場所を気にする必要がなくなります。また、Ranorex Remote などでテストをデプロイする場合、テスト実行環境の Ranorex Agent に、Excel ファイルが自動的に転送されるようになります。

ワークシートの選択

Excel ファイルの複数のワークシートがある場合、使用するワークシートを指定できます。また、テスト データの範囲を指定することもできます。

データの自動ロード オプションを OFF にすると、起動時のテスト スイートの読み込み時間が短縮されますが、テスト コンテナーにデータの行数が表示されなくなります。

tipp icon

ヒント

複製 オプションを使用すると、同じ Excel ファイルにリンクし別のワークシートやデータ範囲を参照する、複数のコネクタをすぐに作成できます。

マスク オプションについては、別のセクションで説明しています。

CSV data connector


CSV データ ソースは、コネクタを介して追加できます。追加したあとは、Ranorex Studio のデータ ソース ダイアログで直接編集できます。OK をクリックして変更を保存すると、実際の CSV ファイルが変更されます。

CSV connector の追加は、以下の手順でおこないます。

新規 > CSV connector… をクリックします。
コネクタの設定をおこない、OK をクリックします。

Creating a CSV data connector

CSV connector の設定:

CSV connector の名前、および CSV ファイルの場所を指定します。
プロジェクト フォルダーに CSV ファイルをコピーします。ソリューションをバージョン管理している場合には、このオプションにチェックを入れてください。

データの設定

CSV ファイルにヘッダー行があるかを指定します。

データの自動ロード オプションを OFF にすると、起動時のテスト スイートの読み込み時間が短縮されますが、テスト コンテナーにデータの行数が表示されなくなります。

マスク オプションについては、別のセクションで説明しています。

SQL data connector


SQL data connector を使用すると、SQL データベースにアクセスし、SQL クエリーでデータを取得できます。この手順について、Microsoft Access database のサンプルを使用して説明します。

新規 > SQL connector… をクリックします。
コネクタの名前を入力します。
接続の編集 をクリックし、SQL 接続文字列を指定します。

Creating an SQL data connector - part I

データベース ファイルの場所を指定します。
オプションの接続設定をおこない、OK をクリックします。

オプションの接続設定:

必要に応じて、オプションのダイアログでデータベースの接続タイプを変更します。この例では、Microsoft Access Database File を指定します。
必要に応じて、ユーザー名やパスワードといったログイン情報を指定します。
Test connection をクリックし、データベースへの接続をテストすることをおすすめします。

Creating an SQL data connector - part II

クエリーの作成 をクリックして、データベース クエリーを指定します。

Creating an SQL data connector - part III

Ranorex Studio にデータを提供するために必要な SQL クエリーを作成し、OK をクリックします

SQL database query designer

データの自動ロード オプション (OFF にすると、起動時のテスト スイートの読み込み時間が短縮されますが、テスト コンテナーにデータの行数が表示されなくなります) と、マスクを設定し、OK をクリックします。

Creating an SQL data connector - part IV

データのマスク

すべてのデータ ソース タイプで、データをマスクできます。これによって、Ranorex Studioからのデータのアクセスを許可しながら、レポートへの表示を抑制することができます。

Masking data in report

マスクしていないデータは、テスト レポートで通常通り表示されます。
マスクしたデータは、テスト レポートで * で表示されます。

データ範囲の制限

すべてのデータ ソースで、データの範囲を制限できます。これによって、データの特定の行のみをテスト コンテナーで使用できます。

データ ソース ダイアログで、行の範囲を入力します。
データ セットのプレビュー をクリックすると、有効なデータが確認できます。

Selecting a data range

この章の手順のまとめ

データソースを管理および割り当てるためのすべてのオプションについての説明をおこないました。次の章で使用するサンプル ソリューションを準備するために必要な手順を簡単に確認しましょう。

データ ソース (CSV ファイル) が準備されていることを確認します。

テスト スイート ビューで、MANAGE DATA SOURCES… をクリックします。

新規 > CSV connector をクリックします。

データ ソース名を myCSVData とし、ファイルの場所を指定します。すべての設定オプションをオンにし、OK をクリックします。

テスト スイート ビューで、テスト ケース Data-driven_DB_Test を右クリックし、データ ソース をクリックします。

ドロップダウン メニューから、myCSVData を選択し、OK をクリックします。

データ ソースが割り当てられ、次の章で使用するソリューションの準備ができました。