Image-based automation at a glance | Ranorex
Help CenterUser GuideRanorex Studio advanced

イメージベース オートメーションの概要

前の章で、グラフィカル ユーザー インターフェース内の UI 要素の絶対および相対的なスクリーン位置をベースにしているために、テキストベース オートメーションが失敗する例を挙げました。この章では、イメージベース オートメーションのシンプルかつ強力な概念について説明します。

サンプルの準備

前の章で説明したように、カレンダー ビューの変更を例に取り上げます。

Image-based test example preparation

Image-based test example preparation

デモ アプリを起動し、Image-based automation タブを選択します。
Ranorex Studio で、ソリューション ウィザードを使用して新しいソリューションを作成し、Recording1 を開きます。
Recording1 のレコーディング モジュール ビューで、RECORD をクリックします。

イメージベースのレコーディング

ここでは、前の章でおこなった手順を、イメージベース オートメーション モードでレコーディングします。

Recording calendar dates in image-based automation mode

Recording calendar dates in image-based automation mode

イメージベース オートメーションを有効にします。
カレンダーの日付、’24’, ’25’, ’26’ のクリックをレコーディングします。
イメージベース オートメーション モードでレコーディングされた、カレンダーのマウス クリックを表す 3 つのアクションが、アクション テーブルに表示されます。

Note icon

メモ

イメージベース オートメーションは、デフォルトのテキストベース オートメーションとは見た目が異なります。Ranorex Recorder はレコーディング中、識別した要素を、テキストベース オートメーションの場合には紫色の枠で表示するのに対して、イメージベース オートメーションの場合には緑色の枠で表示します。

Green UI-element detection frame during image-based automation

Green UI-element detection frame during image-based automation

テキストベース バリデーションでは、バリデーション対象の要素を紫色の枠で表示
イメージベース バリデーションでは、バリデーション対象の要素を緑色の枠で表示

テスト結果

テストの実行結果は、テキストベース オートメーションの場合と同じ結果になります。

Test result in image-based automation mode

Test result in image-based automation mode

結果:

  • テスト レポートには、3 つのアクションが実行されたことが表示されます。
  • Ranorex Recorder は、レコーディングしたカレンダー日付を正しく識別しています。

テスト条件の変更

テスト条件を変更し、カレンダーを別の月の表示に変更します。この条件でのイメージベース オートメーションの結果を確認します。

Changed calendar view

Changed calendar view

カレンダーの表示を、January 2018 から February 2018 に変更します。

テスト結果

テスト条件を変更した状態でのテスト結果を確認してみましょう。

Image-based test result with changed test conditions

Image-based test result with changed test conditions

結果:

  • 日付の位置は、別の場所にあります。
  • それにも関わらず、Ranorex は日付の ’24’, ’25’, ’26’ を正しく識別しています。