Trace logs | Ranorex
Help CenterUser GuideRanorex Studio advanced

トレース ログ

この章では、トレース ログの生成処理、Microsoft Excel で開いた場合の外観、ログ ファイルのヘッダーの意味について説明します。

トレース ログの生成

いずれかのトレーサーが有効な状態でテストを実行すると、Ranorex Studio は、設定した出力フォルダー (デフォルト: %MyDocuments%\Ranorex\TraceLogs) に、CSV 形式の 4 つのファイルを生成します。

すべての Input トレーサーのログ
Misc トレーサーのログ
All トレーサーのログ
Repository トレーサーのログ

テスト実行中、Ranorex Studio は以下の処理をおこないます。

  • 有効化されているトレーサーを確認し、そのログを書き込みます。
  • より簡潔な形式で、All トレーサーのログを書き込みます。

例えば、Repository トレーサーが有効な場合、Ranorex Studio は Repository ログと All ログを書き込みます。他のログは空のままです。

トレーサーが有効な状態でテスト実行が開始されるたびに、ファイル名に新しいタイムスタンプが付いたログが生成されます。

トレース ログのオープン

Ranorex Studio は、カンマ区切りの CSV 形式でトレース ログを生成します。これらのログは、任意のプログラムで開くことができます。ここでは説明のため、Microsoft Excel を使用します。

通常、これらのプログラムでログを開くためには、特に設定は必要ありません。しかし、手動でインポートしたり、区切り文字の指定が必要な場合があります。

例えば、Microsoft Excel で開くと、すべてのデータが列 A に表示されてしまいます。

この場合、以下の手順をおこないます。

列 A 全体を選択します。

メニューから、データ > 区切り位置 をクリックします。

表示されたダイアログで、カンマやタブなどの区切り文字によってフィールドごとに区切られたデータ を選択し 次へ をクリック、区切り文字として カンマ をチェックし、完了 をクリックします。

トレース ログのヘッダー

ログは、ヘッダー付きの CSV ファイルで生成されます。ヘッダーは、収集された情報の種類を表します。ログの種類によってヘッダーは異なりますが、共通するヘッダーもあります。以下で、各ログのヘッダーについて説明します。

以下の 3 つのヘッダーは、すべてのログで共通です。

TimeStamp: イベント (例: リポジトリ アイテムの検索、アクションの実行、など) が開始されたタイムスタンプ

Module: イベントが発生したモジュール

TotalTime: イベントにかかった合計時間 (ms)

Repository

RepoItem
検索したリポジトリ アイテムの完全名

RepoItemId
検索したリポジトリ アイテムの ID

RepoItemPath
検索したリポジトリ アイテムの完全な RanoreXPath

EffectiveTimeout
リポジトリ アイテム の Effective timeout プロパティ (ms)

TimesSearched
Effective timeout 内に Ranorex Studio がリポジトリ アイテムの検索を試みた回数

LastSearchTime
検索の成功までにかかった時間 (ms)

Found
リポジトリ アイテムの検索に成功したかどうか (TRUE/FALSE)

MouseInput, KeyboardInput, AllInput

RepoItem
アクションの対象のリポジトリ アイテムの完全名

RepoItemId
アクションの対象のリポジトリ アイテムの ID

Device
アクションの対象のデバイス

InputType
アクションのタイプ

  • Mouse の場合: click, move
  • Keyboard の場合: sequence, press

その他のマウス/キーボード アクションは収集されません。

RepeatCount
アクションが実行された回数

NominalDuration
アクションの Duration プロパティ

Misc

EventType
発生したイベントのタイプ:

  • fixed-delay: Delay アクション
  • datasource-load: データ ソースのロード
  • proc-start: Run application アクション
  • wait-proc-close: Close application アクション
  • screenshot-trace: テスト スイートのレポート タブにあるスクリーンショットのキャプチャ モードで設定されているスクリーンショット キャプチャ
  • report-slow: 10 ms 以上かかっているレポート関連のイベント
  • report-test-text-slow and report-test-data-slow: Ranorex Studio がレポート生成処理で busy になっており、パフォーマンス測定が一時中断
  • other: Ranoerx Studio 以外のイベント (例: ユーザー コード アクション)

Details
EventType の詳細情報

All

TestContainer
イベントが発生したテスト コンテナー

EventType
発生したイベントのタイプ:

  • fixed-delay: Delay アクション
  • datasource-load: データ ソースのロード
  • proc-start: Run application アクション
  • wait-proc-close: Close application アクション
  • screenshot-trace: テスト スイートのレポート タブにあるスクリーンショットのキャプチャ モードで設定されているスクリーンショット キャプチャ
  • report-slow: 10 ms 以上かかっているレポート関連のイベント
  • report-test-text-slow and report-test-data-slow: Ranorex Studio がレポート生成処理で busy になっており、パフォーマンス測定が一時中断
  • other: Ranoerx Studio 以外のイベント (例: ユーザー コード アクション)

Details
EventType の詳細情報