Introduction to test actions | Ranorex Studio User Guide
Help CenterUser GuideRanorex Studio fundamentals

アクション

アクションは、モジュールによって実行される個々のアクティビティです。Ranorex には、ベーシック アクションとスマート アクションという 2 つの種類のアクションがあります。ベーシック アクションは、マウス クリックなどの直接的なユーザー入力を表します。スマート アクションは、ブラウザーの実行やバリデーションの実行などのより複雑な入力操作や特別な機能を表します。ほとんどのアクションはリポジトリ アイテムに対して実行されます。アクションは、レコーダー ビューのアクション テーブルで管理されます。

tipp icon

スクリーンキャスト

以下のスクリーンキャストで、この章で説明している内容を確認できます。

Watch the screencast now

ベーシック アクション

ベーシック アクションは、マウス クリックやキーボード入力など、デバイスによる直接的なユーザー入力を表すアクションです。これらのアクションは、レコーディング中に自動的に記録されますが、アクション テーブルに手動で追加することもできます。以下の表は、各ベーシック アクションのアイコンと名称をリストしたものです。各ベーシック アクションについての詳細は、⇢ アクションのリスト を参照してください。

マウス (Mouse)
マウス ホイール (Mouse wheel)
タッチ (Touch)
スワイプ ジェスチャー (Swipe gesture)
キー ショートカット (Key shortcut)
キー シーケンス (Key sequence)
モバイル キー押下 (Mobile key press)

スマート アクション

スマート アクションは、より複雑な UI 操作や機能を表すアクションです。たとえば Run Application アクションは、マウス クリックやキーボードの操作なしで、特定のパスから実行ファイルを直接実行します。バリデーション アクションを除き、レコーディング中にこれらの操作は使用できません。各スマート アクションの詳細については、⇢ アクションのリスト を参照してください。

バリデーション (Validation)
アクションの実行 (Invoke action)
値の取得 (Get value)
値の設定 (Set value)
ブラウザーを開く (Open browser)
アプリケーションの起動 (Run application)
モバイル アプリの起動 (Run mobile application)
Android アプリのデプロイ (Deploy Android app)
iOS アプリのデプロイ (Deploy iOS app)
デバイスの方向の設定 (Set device orientation)
アプリケーションを閉じる (Close application)
待機 (Wait for)
ログ メッセージ (Log message)
スクリーンショットのキャプチャ (Capture screenshot)
スナップショットの作成 (Create snapshot)
セパレーター (Separator)
ディレイ (Delay)
ユーザー コード (User code)

アクション テーブルのアクション

アクションは、レコーダー ビューのアクション テーブルで管理されます。

Ranorex Studio action table

Ranorex Studio actions table

Note icon

メモ

アクションは常に時系列順で表示されます。つまり、アクション #4 は アクション#5 の前に実行されます。