Before you start recording | Ranorex Studio User Guide
Help CenterUser GuideRanorex Studio fundamentals

レコーディングを開始する前に

単純であるか複雑であるかに関わらず、テスト自動化においては、事前の準備が重要です。事前の準備はミスを防ぎ、長期的には時間の節約になります。この章では、テストのレコーディングを開始する前の準備について説明します。

tipp icon

スクリーンキャスト

最適なパフォーマンスでレコーディングをおこなうための、レコーダーの設定方法、およびホワイトリストの利用方法については、以下のビデオを参照してください。

Watch the screencast now

レコーディング時の注意事項

テストがより簡単に、より効率的に作成できるように、以下の事柄に注意してください。

テスト対象アプリ (AUT: Application under test) テスト対象アプリを、毎回自分で起動しますか? それとも、レコーディング開始時に Ranorex Studio で自動で起動しますか? いずれの場合にも、アプリのインストール パスと、起動パラメーターを知っておく必要があります。
テストデータとパラメーター ログイン名やパスワードなどの、テストに必要なすべてのテストデータとパラメーターが用意されていることを確認してください。
テスト対象アプリのインスタンス レコーディング中は、テスト対象アプリは複数起動しないでください。RocketStart ソリューション ウィザードでソリューションを作成している場合、Ranorex Studio はテスト対象アプリを自動的に起動および終了します。
レコーディング操作 ⇢ ホワイトリスト 機能を使用していない場合、レコーディング中には、テスト対象アプリには無関係な意図しない操作も含め、すべてのユーザー操作が記録されます。ポップアップのような、レコーディングを妨げる可能性があるものは、すべて無効にしてください。

テスト対象アプリ: Ranorex Demo Application

このユーザー ガイドに記述されているコンセプトと作業手順を説明するために、Ranorex Demo Application というアプリを用意しました。このユーザー ガイドの基礎および応用の章で使用するサンプルのテスト対象アプリです。

デモアプリのダウンロード

Download

⇢ Ranorex Demo Application からダウンロードし、任意のフォルダーに解凍してください。ここのチュートリアルでは、/Downloads/ フォルダーに解凍したものとして進めます。

アプリの起動

テストを詳細に計画する前に、テスト対象アプリを起動し、正しく動作することを確認します。デモアプリを解凍したフォルダーに移動します。 ダブルクリックして起動します。

Default storage folder for demo application

The Ranorex Demo App in the default folder

デモアプリの Welcome 画面が表示されます。 デモアプリが正しく動作することを確認したら、アプリを閉じます。

Opening Ranorex demo application
Note icon

メモ

このデモアプリは、ユーザーガイドの基礎および応用の章で使用する、すべてのサンプル ソリューションにも含まれています。

レコーディングの計画

あとでレコーディングをやり直したり編集することを防ぐために、レコーディングの計画を作成しましょう。

レコーディングする操作の確認

  • レコーディングする必要がある操作について考えます。
  • ユーザー名やパスワードなどの必要な入力データを準備します。
  • レコーディング前に、一度操作を実行してみます。

レコーディング サイズの考慮

  • レコーディングを可能な限り小さなサイズに留めます。
  • 小さな再利用可能なレコーディングから、より大きなモジュール化されたテストを構築できます。

マウス移動のレコーディング方法の計画

  • デフォルトでは、マウスの移動はレコーディングされません
  • メニュー階層の移動などをおこなう場合には、明示的にマウスクリックするか、Recorder control center で、マウス移動のレコーディングをおこなうオプションを使用してください。

参照

マウス移動のレコーディングについては、Ranorex Studio 基礎 > Ranorex Recorder > ⇢ Recorder control center とホットキー を参照してください。

テストの定義

これまでの注意事項に従って、5 つのステップで簡単なテストを定義します。このテストは、以降の章でもサンプルとして使用します。

1. Ranorex Demo Application を起動します。

2. “Enter your name” フィールドに、Harry と入力して Submit をクリックします。

Inserting & submitting a name

Entering and submitting a name

3. それにともない Welcome メッセージが変更されることを確認します。

4. Reset をクリックして Welcome メッセージを元に戻します。

5. デモアプリを終了して、レコーディングを停止します。

デスクトップ テスト ソリューションの作成

ソリューション ウィザードで、 ⇢ デスクトップ テスト ソリューションを作成 し、デモアプリをテスト対象アプリとして指定します。

This is the caption of the image

デモアプリをテスト対象アプリとして指定し、ウィザード終了後にアプリを自動で起動するように指定します。 完了すると、ソリューションが Ranorex Studio で以下のような状態で開かれます。

空のレコーディングモジュール Recording1 がレコーディングモジュール ビューに表示されています。 テストスイート ビューでは、Setup および Teardown 領域を持つテスト ケースの中に、Recording1 が配置されています。Setup にはデモアプリを起動するレコーディングモジュールが、Teardown にはデモアプリを閉じるレコーディングモジュールが含まれています。

レコーダーのデフォルト設定

レコーダーの振る舞いをカスタマイズするための多くの設定があります。この章で説明するレコーディングの方法を含め、多くの場合、デフォルト設定が適しています。しかし、設定の変更が必要な場合もあります。設定を変更する場合には、レコーダーまたは Ranorex Studio のツールバーの Settings をクリックします。

Global & local Recorder settings

Global & local Recorder settings

グローバル レコーダー設定

現在のレコーディング モジュールのローカル レコーダー設定

参照

レコーダー設定の詳細については、Ranorex Studio のシステム詳細 > 設定 > ⇢ Ranorex Recorder の設定 を参照してください。