Recorder control center and hotkeys | Ranorex Studio User Guide
Help CenterUser GuideRanorex Studio fundamentals

Recorder control center とホットキー

この章では、Recorder control center とホットキーの効果的な利用方法について学習します。

ビューの最大化/最小化

Recorder control center は最大化/最小化できます。ウィンドウ右上のボタンをクリックすることで切り替えできます。

すべてのコントロール、および、最後のレコーディングされたアクションを表示する最大化ビュー
コントロールのみを表示する最小化ビュー

基本機能

Recorder control center には、3 つのボタンがあります。

Recorder control center standard functions

Recorder control center button-activated controls

Validation mode

  • レコーディングにバリデーション アクションを挿入します。

Pause/continue

  • レコーディングを一時停止/再開します。
  • 一時停止中は、操作の記録はおこなわれません。

Stop

  • レコーディングを停止します。
  • Ranorex Sutudio に戻ります。

レコーディング中のアクションの追加/削除

最大化ビューの場合、最後にレコーディングされた 4 つのアクションが表示されます。これらのアクションを削除したり、スクリーンショットを確認することができます。

最後にレコーディングされた 4 つのアクションがリストに表示されます。
目のアイコンにマウス オーバーすると、アクションのスクリーンショットを表示できます。
ゴミ箱アイコンをクリックすると、アクションを削除できます。

右下にある Add をクリックし、3 種類のいずれかのアクションを追加することもできます。

Add をクリックし、アクションを追加できます。この間、レコーディングは一時停止されます。

追加可能なアクションは、Message, Screenshot, Delay です。詳しくは、⇢ アクションのリスト を参照してください。
選択したアクションを編集する場所です。編集内容はアクションにより異なります。
このボタンをクリックすると、アクションが追加され、レコーディングが再開されます。

ホットキーの有効化/無効化

ホットキーによって、対応する設定の有効/無効を切り替えできます。

Turning hotkeys on/off

ホットキーの有効化/無効化を切り替えます。
マウス オーバーで、利用可能なホットキーの情報が確認できます。

Note icon

メモ

ホットキーを有効にしている間、ホットキーで使用されているキー(v, mti) は、キー入力の操作などに使用できません。

大文字の VMTI は、通常通り使用できます。

ホットキー – バリデーション モード

V キーで、バリデーション モードに移行します。Validate ボタンをクリックするのと同じ動作です。

参照

バリデーションについては、Ranorex Studio 基礎 > ⇢ テストのバリデーション を参照してください。

ホットキー – マウス移動のレコーディング

通常は、マウスの移動は記録されません。マウスの移動をレコーディングする必要がある場合には、M キーを使用します。マウスの移動のレコーディングは、以下のような手順でおこないます。

Recording a mouse movement

Recording a mouse movement

Introduction タブにマウスを移動し、M キーを押します。
Name テキスト フィールドにマウスを移動し、M キーを押します。
Submit ボタンにマウスを移動し、M キーを押します。
Exit ボタンにマウスを移動し、M キーを押します。

結果:

レコーディングを停止すると、アクション テーブルに 4 つのマウス移動アクションが表示されているはずです。それぞれの移動アクションは、UI 要素にリンクされています。

Recorded mouse movements

Recorded mouse movements

ホットキー – ツールチップのバリデーション

T キーで、ツールチップのバリデーションを開始します。

参照

ツールチップのバリデーションについては、Ranorex Studio 基礎 > テストのバリデーション > ⇢ ツールチップのバリデーション を参照してください。

ホットキー – イメージベース レコーディング

I キーで、イメージベース レコーディングを有効化します。

参照

イメージベース オートメーションについては、Ranorex Studio アドバンスト > ⇢ イメージベース オートメーション を参照してください。

認識レベルの変更

ホットキーが有効化されている間、マウス ホイールで、UI 要素の認識レベルを制御できます。簡単な例で説明します。

初期の認識レベル:

  • Ranorex Recorder は、レコーディング中、すべての UI 要素を識別します。
  • この UI 要素の識別は、レコーディング中、マウスの移動に追随する赤色の枠で表されます。
Red-framed UI-element

UI element with red frame

認識レベルの変更:

マウス ホイールをスクロールすることで、UI 要素の識別レベルが変更されます。

Recognition level change by mouse wheel zoom

Recognition level changes as the mouse wheel is scrolled