Repository introduction | Ranorex Studio User Guide
Help CenterUser GuideRanorex Studio fundamentals

リポジトリ

リポジトリには、テストで使用される UI 要素を表す “リポジトリ アイテム” が含まれています。リポジトリ アイテムは、ツリーのような構造になっています。各アイテムには、それを一意に特定するための RanoreXPath があり、これを使用して、UI 要素とのリンクがおこなわれます。

この章では、リポジトリ アイテムの作成、管理、および構造化の方法について学習します。複数のリポジトリを使用する方法や、組み込みリポジトリの使用方法についても学習します。

UI 要素

Ranorex Studio のテストは、アプリケーションのユーザー インターフェース内の要素に対する一連の操作で構成されています。UI 要素には、ボタン、タブ、ドロップダウン メニュー、テキスト フィールドなどがあります。Ranorex Studio は、UI 要素をリポジトリ アイテムとして表し、使用します。

Demo application with UI-elements

UI elements in the Ranorex Studio Demo Application

Introduction タブ

Welcome テキスト フィールド

テキスト入力フィールド

Submit ボタン

Reset リンク

Exit ボタン

リポジトリとリポジトリ アイテム

リポジトリ アイテムは、ツリー形式の構造でリポジトリに格納され、管理されています。リポジトリにアクセスするには、プロジェクト ビューからリポジトリ ファイルを開きます。リポジトリ ファイルは、レコーディング モジュールを開くことで自動的に開かれます。リポジトリは、デフォルトでは Ranorex Studio の作業領域の下部に表示されます。

Repository & repository items

Repository and repository items

ツリー形式構造のリポジトリ アイテム

  • 各リポジトリ アイテムには名前があります。デフォルトではこの名前は、テスト対象アプリの内部でこの UI 要素に付けられている名前から取得されます。
  • 名前は必要に応じて変更できます。
  • ツリー構造のリポジトリ アイテムの位置は、対応する UI 要素がテスト対象アプリ内のどこにあるのかを示しています。

リポジトリ アイテムのパス

  • 各リポジトリ アイテムは、そのパスによって一意に定義されます。
  • パスは、テスト対象アプリ内の UI 要素の物理的な位置から導出されます。
  • パスは、RanoreXPath と呼ばれる独自の構文で定義されます。

参照

RanoreXPath については、Ranorex Studio アドバンスト > ⇢ RanoreXPath を参照してください。

リポジトリの構造

リポジトリは、テスト対象アプリの UI の内部構造に従ったツリー形式の構造で構成されています。他の UI 要素を含む UI 要素はリポジトリ内のフォルダーとして表され、アプリ フォルダーは最上位の要素として表され、ルート フォルダーはその子として表されます。

Example for repository structure and GUI sections

Portions of the UI represented by the repository structure

RxMainFrame

  • RxMainFrame はアプリ フォルダーです。他のすべての UI 要素を含む、アプリケーションの完全なプログラム ウィンドウを表します。
  • この例では、他のアイテムを含まない唯一の直接的な子アイテムは、画面右下の Exit ボタンです。

RxTabIntroduction

  • RxTabIntroduction はルート フォルダーです。Introduction タブの画面領域を表します。
  • この例では、RxMainFrame の直接の子であり、Introduction タブ内のすべての UI 要素を含んでいます。

リポジトリ ファイル

リポジトリの内容は、リポジトリ ファイルに格納されます。他の Ranorex ファイルと同様に、プロジェクト ビューまたはWindows のプロジェクト フォルダーからアクセスできます。各リポジトリ ファイルには、2 つのサブ ファイルがあります。

Repository file and subfiles in the projects view

This is the caption of the image

リポジトリ ファイル

  • リポジトリ ファイルの拡張子は、.rxrep (Ranorex repository) です。
  • デフォルトのファイル名は、親テスト ソリューション (例: Introduction) と、文字列 Repository の組み合わせです。ファイルの名前は自由に変更できます。

リポジトリ コード ファイル

  • リポジトリ情報を保持する、C# で記述された拡張子 .cs のファイルです。

イメージ ホスティング ファイル

  • リポジトリ アイテムにリンクされているすべてのスクリーンショットの情報を保持する、拡張子 .rximg のファイルです。

これらのファイルはすべて、Windows のプロジェクト フォルダーからも確認できます。

Repository files in a project’s folder

リポジトリの追加

プロジェクトにリポジトリがない場合、追加することができます。または、プロジェクトに ⇢ 複数のリポジトリ を追加することもできます。

Ranorex Studio のツールバーから、リポジトリの追加 をクリックします。
リポジトリのテンプレートが選択された状態でダイアログが表示されます。
リポジトリに名前を付けます。
作成 をクリックします。

リポジトリの削除

プロジェクト ビューでリポジトリ ファイル (.rxrep) を選択します。
DEL を押下します。

  • アクションにリンクされているリポジトリ アイテムがない場合、すぐに削除されます。
  • アクションにリンクされているリポジトリ アイテムがある場合、削除を確認するダイアログが表示されます。
tipp icon

注意

リポジトリを削除する時には注意してください。Ranorex Studio では、現在開いているソリューションのリポジトリ アイテムの参照のみを検索できます。リポジトリが別のソリューションで参照されている場合、そのリポジトリ アイテムを使用するテストが壊れてしまいます。

Confirmation dialog when deleting a repository that contains linked items