Manage multiple test suites | Ranorex Studio User Guide
Help CenterUser GuideRanorex Studio fundamentals

複数のテスト スイートの管理

各プロジェクトに、複数のテスト スイートを追加し、順次実行させることができます。これは、チームで開発している場合などに便利です。

tipp icon

スクリーンキャスト

The screencast “Manage multiple test suites” walks you through the information found in this chapter.

Watch the screencast now

新しいテスト スイートの作成

既存のプロジェクトのテスト スイートを追加するには、以下の手順でおこないます。

Adding a new test suite

Adding a new test suite

Ranorex Studio のツールバーで、テスト スイートの追加 をクリックします。

表示されたダイアログで、テンプレートとして Test suite が選択されていることを確認します。

テスト スイートの名前を指定します。

作成 をクリックします。

結果:

プロジェクト ビューに新しいテスト スイートが表示され、通常、テスト スイート ビューで自動的に開かれます。

Added new test suite

Newly added test suite

初期のテスト スイート

新しく追加されたテスト スイート

Ranorex Studio ツールバーのテスト スイート タブ

作成されたテスト スイート ファイルは、テスト ソリューションのプロジェクト フォルダーに配置されます。

Test suite files in test solution folder

Test suite files in the Ranorex Studio Projects folder

複数テスト スイートの編集

プロジェクトの整合性を保つために、テスト スイート全体を切り取り/コピー/貼り付けすることはできません。しかし、削除および名前の変更はおこなえます。プロジェクト ビューからテスト スイートを選択し、右クリック メニューからおこなえます。

Test suite context menu

Test suite context menu

切り取り/コピー/貼り付け

  • テスト スイート全体は、切り取り/コピー/貼り付けできません。
  • 同様に、別のプロジェクトに移動することもできません。

削除/名前の変更

  • テスト スイートは削除できます。
  • テスト スイートは名前を変更できます。
Note icon

メモ

テスト スイート全体の移動はおこなえませんが、テスト スイート配下のアイテムをテスト スイート間で移動することはできます。必要なテスト ケース、スマート フォルダー、モジュールなどを、切り取り/貼り付けするだけです。

テスト シーケンスの設定

プロジェクトに 2 つ以上のテスト スイートが含まれている場合、テスト シーケンスを指定できます。

プロジェクトに 2 つ以上のテスト スイートが含まれている場合、RUN ボタンにコンテキスト メニューが追加されます。クリックすると、テスト シーケンスの設定が開かれます。

Multiple test suites - test sequence configuration

Multiple test suites – test sequence configuration

スタートアップ プロジェクトの選択

  • 複数のテスト スイートが複数のプロジェクトに配置されている場合、スタートアップ プロジェクトを指定します。
  • デフォルトでは、現在のプロジェクトが選択されます。

テスト シーケンス内のテスト スイートの順番の変更は、左側にあるボタンでおこないます。
ON/OFF ボタンを使用して、選択したテスト スイートをテスト実行から除外することもできます。

Example for de-selected test suite

A deselected test suite

各テスト スイートの TestRun 設定を選択します。

参照

TestRun 設定については、Ranorex Studio 基礎 > テスト スイート > ⇢ テスト スイートの実行 を参照してください。

RUN ボタンをクリックし、テスト シーケンスを開始します。

テスト シーケンス ファイルとパラメーターの管理

このセクションでは、テスト シーケンスが格納されている設定ファイル、および、このファイルにテスト スイートの実行パラメーターを追加する方法を説明します。

テスト シーケンス ファイル

プロジェクトに 2 つ以上のテスト スイートが含まれている場合、テスト シーケンスファイルが自動で作成され、プロジェクト フォルダーに追加されます。

Test sequence file storage location

Test sequence file storage location

プロジェクト ビューのテスト シーケンス ファイル
プロジェクト フォルダーのテスト シーケンス ファイル

Note icon

メモ

テスト シーケンス ファイルは、拡張子 .rxsqc のファイルで、テキスト エディターで編集できます。

テスト シーケンス ファイルの仕様

Test sequence file content

Test sequence file content

テスト シーケンス ファイルは、ダブルクリックで開けます。

テスト シーケンス ファイルの仕様

  • テスト シーケンス ファイルは [ ] で囲みます。
  • テスト スイートのすべての設定は { } で囲みます。
  • テスト スイートは , で区切ります。
  • 設定パラメーターは "":"" で記述します。
  • パラメーターは , で区切ります。
tipp icon

ヒント

テスト シーケンス ファイルを開いている間でも、テスト シーケンス ダイアログで設定を変更できます。変更内容はリアルタイムでファイルに反映されます。挿入したコマンドライン引数は変更されません。

コマンドライン引数の追加

コマンドライン引数をテスト シーケンス ファイルに追加し、テストで実行させることができます。

Command line arguments in test sequence file

Command line arguments in test sequence file

/testcase コマンドライン引数の例

  • コマンドライン引数の書式は、JSON 構文定義に従います。
  • 2 つ以上の引数は、’,‘ で区切る必要があります。
  • 上記の例では、InsertName という名前のテスト ケースをパラメーター値として指定して、/testcase コマンドラインを呼び出しています。

参照

テスト スイートのコマンドライン引数については、Ranorex Studio エキスパート > ランタイム/リモート実行 > ⇢ コマンドライン実行 を参照してください。

tipp icon

ヒント

ランタイム環境でのコマンドライン引数では、ファイル指定をおこなうパラメーターでは、ファイルの拡張子の指定 (例: .rxtst) が必要ですが、テスト シーケンス ファイル内で指定する場合には不要です。

複数テスト スイート – 機能リスト

このセクションでは、複数テスト スイートの主な機能について説明します。複数のテスト スイートで何ができるのか、できないのかを説明します。

テスト スイートのコンテンツの転送

テスト スイート内のコンテンツは、同じプロジェクトまたは別のプロジェクトの他のテスト スイートに転送 (コピー/移動) できます。これは、テスト ケース、スマート フォルダー、Setup/Teardown 領域、モジュールなどを、あるテスト スイートから別のテスト スイートに、コピーまたは移動できることを意味します。

データの整合性

テスト スイートのコンテンツを別のテスト スイートに転送しても、変数やデータバインディングに関する整合性は失われません。

tipp icon

注意

次のいずれかの条件に当てはまる場合に、データ バインディングは失われません。

  • データが、転送先のテスト スイートでも使用可能なグローバル パラメーターにバインドされている
  • データ環境が完全にコピーされている

データが親テスト ケースまたは親スマート フォルダーにバインドされており、これらが転送先にコピーされていない場合、データ バインディングは失われます。

TestRail 連携

TestRail は、プロジェクト内の複数のテスト スイートをエクスポートおよび同期できます。

参照

TestRail 連携については、各種システムとの接続 > ⇢ TestRail 連携 を参照してください。

Ranorex Remote

テスト シーケンスは、リモートウィンドウから、Ranorex Agent でも実行できます。

参照

Ranorex Agent によるリモート実行については、Ranorex Studio エキスパート > ランタイム/リモート実行 > ⇢ Agent によるリモート実行 を参照してください。