Text-based validation example | Ranorex Studio User Guide
Help CenterUser GuideRanorex Studio fundamentals

テキストベース バリデーションの例

この章では、簡単な例を使用して、テキストベース バリデーションの概念について説明します。この章を進める前に、⇢ テストのバリデーション を確認ください。

tipp icon

スクリーンキャスト

The screencast “Text-based validation” walks you through information found in this chapter.:

Watch the screencast now

サンプル ソリューションのダウンロード

この章の手順を実行するには、以下のリンクからサンプル ソリューションをダウンロードしてください。

サンプル ソリューション

Theme: Text-based validation
Time: Less than 30 min

Download sample file

インストール:

任意のフォルダーに解凍します。
Ranorex Studio を起動し、ソリューション ファイル Introduction.rxsln を開きます。

tipp icon

ヒント

このサンプル ソリューションは、Ranorex Studio 8.0 以降で利用できます。8.2 以降を利用している場合には、ソリューションのアップグレードをおこなってください。

テストの定義

テストのレコーディングを開始する前にテストを定義します。テストは 5 つのステップで構成されます。

1. Ranorex Demo Application を起動します。

2. “Enter your name” フィールドに、Harry と入力し、Submit をクリックします。

Changing welcome message in demo application

3. Welcome メッセージが変更されることを確認します。

4. Reset をクリックし、Welcome メッセージを初期化します。

5. Demo Application を終了し、レコーディングを停止します。

テキストベース バリデーション

この例におけるバリデーションの目的は、テスト定義のステップ #2 による操作が期待する結果となったかの確認、つまり、Welcome メッセージが変更されるかの検証です。これは、テキスト フィールドのテキストを検証する必要があるため、テキストベース バリデーションを実行します。

以下の手順でおこないます。

バリデーションの有効化

Validate をクリックします。レコーディングが一時停止され、バリデーション モードに切り替わります。

Activate text-based validation

バリデーション要素の選択

バリデーション要素を選択します。

  • 変更された Welcome メッセージにマウス オーバーします。紫色の枠 が表示されます。
  • 紫色の枠が、バリデーション対象となる要素を示します。
  • Welcome メッセージにフォーカスし、クリックします。
Selecting text-based validation element

バリデーション要素の確認

UI 要素を確認し、次へ をクリックします。

Confirm validation element

GUI 上の UI 要素の位置

  • ここで、他の UI 要素を選択することもできます。
  • UI 要素ツリーは、アプリケーションの階層的な GUI 構造を表しています。

UI 要素の状態と属性

  • 選択中の UI 要素のすべての属性が表示されます。

UI 要素のスクリーンショット

  • 選択している UI 要素が正しいか、スクリーンショットで確認できます。

バリデーション属性の定義

Text 属性は通常、選択済みの状態です。選択されていない場合には選択し、OK をクリックします。

Definition of validation attribute

バリデーション属性として Text 属性が選択されています。>
他の属性を使用することもできます。

Note icon

メモ

表示されているすべての属性と状態がバリデーションで使用できます。複数の属性と状態を指定して、バリデーションすることもできます。

結果

完了したレコーディングには、7 つのアクションが含まれています。アクション #5 がバリデーション アクションです。

Recording result of text-based validation example

Recording result of text-based validation example

バリデーション アクション
バリデーションの種類

  • 実行されるバリデーションの種類です。
  • 9 つの種類があります。
Validation match operators

Validation type operators.

参照

バリデーションの種類の詳細については、Ranorex Studio 基礎 > アクション > ⇢ アクションのプロパティ を参照してください。

バリデーション属性

  • 4 番目のカラムは、バリデーション属性を表します。
  • この例では Text 属性です。
  • ドロップダウン メニューから他の属性を選択することもできます。

期待値

  • 固定値または変数を指定できます。

リンクされているリポジトリ アイテム

  • 6 番目のカラムは、アクションにリンクされているリポジトリ アイテム、つまり、バリデーションが実行される UI 要素を表します。

バリデーションの解説

このバリデーションは以下のように解釈できます。

LblWelcomeMessage で参照される UI 要素の Text 属性が “Welcome, Harry!” と等しい (AttributeEqual) 場合に、バリデーションが成功 (True)