Validation of tooltips | Ranorex Studio User Guide
Help CenterUser GuideRanorex Studio fundamentals

ツールチップのバリデーション

ツールチップのバリデーションは、他の種類の UI 要素のバリデーションよりも、少し複雑です。この章では、その方法について学習します。

tipp icon

スクリーンキャスト

以下のスクリーンキャストで、この章で説明している内容を確認できます。

Watch the screencast now

テストの定義

ユーザーが Shuffle ボタンにマウス オーバーした際に表示される、以下の画像のようなツールチップを検証します。

Tooltip example in demo application

ツールチップ バリデーションの有効化

以下の手順でおこないます。

Recorder hotkey activation

Recorder hotkey activation

ホットキー を有効化 します。

参照

Recorder ホットキーについては、Ranorex Studio 基礎 > Ranorex Recorder > ⇢ Recorder control center とホットキー を参照してください。

ツールチップのバリデーション

バリデーションしたいツールチップが表示される UI 要素に、マウス カーソルを移動させます。
ツールチップが表示されたら、T を押下します。

Validating tooltips

Specifying tooltip validation

表示されたダイアログで、期待するツールチップ要素が選択されていることを確認し、次へ をクリックします。
Exists 属性がチェックされていることを確認し、OK をクリックします。

Specifying tooltip validation

結果

アクション テーブルには、記録された 2 つのアクションが含まれます。アクション #2 がツールチップ バリデーションです。

Tooltip validation result

Tooltip validation result

アクション テーブルとツールチップ バリデーション
ツールチップ UI 要素にリンクされたリポジトリ アイテム

サンプル ソリューションのダウンロード

この章のサンプル ソリューションは以下からダウンロードできます。ソリューションは、すべてのアクションが記録された状態です。

サンプル ソリューション

Theme: Tooltip validation
Time: 15 minutes

Download sample file

インストール:

任意のフォルダーに解凍します。
Ranorex Studio を起動し、ソリューション ファイル TooltipValidation.rxsln を開きます。

tipp icon

ヒント

このサンプル ソリューションは、Ranorex Studio 8.0 以降で利用できます。8.2 以降を利用している場合には、ソリューションのアップグレードをおこなってください。