Report settings | Ranorex
Help CenterUser GuideRanorex Studio system details

レポートの設定

この章では、レポートに関する設定について説明します。

レポートの設定へのアクセス

レポートの設定には、テスト スイートの プロパティ からアクセスできます。

テスト スイートを選択し、右クリック メニューを開きます。
プロパティ をクリックします。
表示されたウィンドウで、レポート タブをクリックします。

Accessing report settings

レポート フォルダー/ファイルの設定

レポート ファイル名、およびその保存場所を変更できます。

Report file & directory settings

レポートを有効にする

  • 無効にすると、レポートは生成されません。

レポート フォルダー

  • 指定すると、標準の出力フォルダーを置き換えます。

レポート ファイル
レポート ファイル名で使用できるパラメーター

参照

レポート フォルダー/ファイルについては、Ranorex Studio 基礎 > レポート > ⇢ 標準のレポート を参照ください。

タイムスタンプの設定

自動保存の間隔と、レポートに出力するタイムスタンプの形式を設定できます。

Report time settings

自動保存の間隔: 秒で指定します。’0′ を指定すると自動保存をオフにします。
タイムスタンプ の種類

アーカイブ形式レポートの有効化

アーカイブ形式のレポートのコピーを作成できます。

Enabling creation of compressed reports

参照

アーカイブ形式のレポートの作成については、その他のトピックス > ベスト プラクティス > ⇢ アーカイブ レポートの作成 を参照ください。

JUnit 互換形式レポートの有効化

Ranorex 7.0 以降では、CI ツールとの連携のために、JUnit 互換形式のレポートを作成できます。

Creating JUnit-compatible reports

レポート テンプレートの設定

レポート テンプレートを定義、適用、および変更するための、さまざまなオプションが設定できます。

Report template settings

参照

レポート テンプレートによるレポートのカスタマイズについては、Ranorex Studio 基礎 > レポート > ⇢ レポートのカスタマイズ を参照ください。

スクリーンショットのキャプチャの設定

レポート内のスクリーンショットのキャプチャ方法を設定できます。

Report tracing mode setting

キャプチャ モード

  • Foreground: 対応するアクションの実行前に、スクリーンショットをキャプチャします。(正確性が向上しますがパフォーマンスが低下します)
  • Background: 対応するアクションの実行中に、スクリーンショットをキャプチャします。(正確性は低下しますがパフォーマンスが向上します)
  • Off: スクリーンショットをキャプチャしません。
Tracing screenshot quality settings

品質: スクリーンショット ファイルの品質とサイズを変更します。
適用: クリックして、設定の変更を適用します。

ビデオ レポート

テスト実行時の状況を、動画で保存できます。この機能は、Ranorex Agent でも利用できます。

レコーディング モード:

  • Off: デオ レポートを無効にします。
  • Failed test cases only: テスト実行全体を記録しますが、テスト失敗時にのみ、動画を保存します。
  • All test cases: すべてのテスト実行を記録し、動画に保存します。
Note icon

メモ

Ranorex Studio は、テストケースごとに動画を記録します。この場合のテストケースとは、以下を示します。

  • テスト ケース
  • テスト ケース外の Setup/Teardown 領域

ビットレート: 動画のビットレート (KB/秒) です。値を小さくすると、動画のファイルサイズは小さくなりますが、画質が低下します。
フレームレート: 動画のフレームレート (fps) です。値を小さくすると、動画のファイルサイズは小さくなりますが、動画の滑らかさが低下します。
ソース スクリーン: 対象のスクリーンを指定します。スクリーン番号は、Windows のディスプレイ設定に対応します。Auto を指定すると、テスト開始時にマウスカーソルがあるスクリーンを対象にします。

Note icon

メモ

実際には存在しないスクリーン番号を指定した場合、Windows で設定されているメイン スクリーンを対象にします。