Self-healing
Help CenterUser GuideRanorex Studio system details

セルフヒーリング

セルフヒーリング機能は、テスト実行時の “Failed to find item” エラーの発生を減らします。セルフヒーリング機能は、オブジェクト認識により堅牢なレイヤーを追加することで、このエラーの発生を抑制し、メンテナンスのコストを押さえます。

セルフヒーリングの有効化

ツールバーから SETTINGS… をクリックします。

詳細 タブの RanoerXPath の設定 から、高度な設定… をクリックします。

Note icon

メモ

RanoreXPathの設定については、Ranorex Studio のシステム詳細 > 設定 > 詳細設定 を参照してください。

パス生成の高度な設定ウィンドウで、RanoreXPath 生成モードのドロップダウンリストから Robust RanoreXPath (new) を選択します。

適用OK をクリックします。

テストの作成

セルフヒーリングオプションが導入される以前は、テスト実行時にオブジェクトの検出に失敗すると、テストログにエラーが表示され、テストに失敗したというステータスがレポートに表示されていました。これらのテストを再実行して完了させるためには、このエラーを解決する必要がありました。

セルフヒーリングオプションは、テストの実行中にオブジェクトが検出できない場合、そのオブジェクトに似た (あるいは最も近い) オブジェクトの検出を試みます。すべてのオブジェクトは、RanoreXPath で使用される属性に基づいてチェックされます。詳しくは、動的な UI 要素のマッピング を参照してください。

セルフヒーリングオプションを有効にした後、RECORD をクリックしてレコーディングを開始してください。

一通りの操作のレコーディングが完了したら、Validate をクリックします。

バリデーションが完了したら、Stop をクリックしてレコーディングを終了します。

リポジトリアイテムから ApplicationUnderTest を展開します。サブアイテムを選択し、プロパティを表示します。RobustPath プロパティが設定されていることが確認できます。

RUN をクリックし、レコーディングしたテストを実行します。セルフヒーリングオプションによって、テストが適切なオブジェクトを検出し、エラーで終了することなく実行されます。