Automate Android system apps | Ranorex
Help CenterUser GuideWeb and mobile testing

Android システム アプリのオートメーション

Android アプリを自動化する際、テスト対象アプリから離れる必要がある場合があります。たとえば、以下のような場合です。
  • 通知が受信されているかをチェックするとき
  • ソーシャル ネットワークで何かを共有するとき
  • システム設定を変更するとき
これらのタスクを自動化するには、Android OS の自動化が必要です。これには、この章で説明するいくつかの要件と制限事項があります。
Note icon

メモ

  • システム アプリを自動化するには、⇢ 設定ダイアログ の Mobile セクションにある、’Android OS Automation’ 設定を有効にする必要があります。
  • システム アプリのテスト実行を高速化するために、⇢ 設定ダイアログ の Mobile セクションにある、’Screenshots on AndroidOS’ 設定で、スクリーンショットのキャプチャを無効にすることができます。

Enable Android OS automation

制限事項

  • システム アプリを自動化するには、USB 接続を使用する必要があります。
  • デバイス上でのハイライト機能は、システム アプリでは動作しません。

通知のバリデーション

以下の例は、受信した通知に含まれるテキストをバリデーションする方法を示しています。

新しいレコーディングを作成し、Mobile オプションを選択します。起動された Ranorex Spy のオブジェクト ツリーのアプリケーション レベルに、’MobileApp AndroidOS’ というラベル付きのノードが表示されていることが確認できます。

System app in Spy

ツリー ビューを使用して要素ツリーを移動できます。または、概要/詳細 タブの下部にあるイメージ ナビゲーターを使用することもできます。UI 要素をクリックすると、その要素自体が選択され、選択された要素の外側をダブルクリックすると、親要素が選択されます。

通知バーを開くには、画面の最上部からスワイプ アクションを実行する必要があります。ナビゲーション バーを含むツリー要素に移動し、コンテキスト メニューを使用してこの要素をリポジトリに追加します。

Add a system app container to the repository

新規作成されたリポジトリ アイテムをアクション テーブルにドラッグ&ドロップし、コンテキスト メニューからアクション タイプとして ‘スワイプ ジェスチャー (Swipe Gesture)’ を選択して、スワイプ アクションを追加します。

Add a swipe gesture action

プロパティ ペインで、スワイプ方向 (Swipe direction) を ’90°’ に、開始位置 (Start location) を ‘0.5;0.0’ (要素の上部中央) に設定します。

Set properties of the swipe action

手動でデバイス上の通知バーを開き、再び Ranorex Spy に切り替えます。バリデーション対象の要素を要素ツリーから探します。

Identify the element to validate

該当の要素をリポジトリに追加し、そのリポジトリ アイテムに対するバリデーション アクションを追加します。

さらに、初期状態に戻すための {BACK} ボタンのキー操作を追加します。

これら 3 つのアクションを追加すると、レコーディングの実行準備が完了します。