Test Android wear apps | Ranorex
Help CenterUser GuideWeb and mobile testing

Android Wear アプリのテスト

以下の手順で、実デバイスあるいはエミュレーターの双方で互換性のある、Android Wear アプリのテストを簡単に作成できます。

前提条件

  • adb のインストール:
    Android Debug Bridge (adb) は、幅広い用途のコマンドライン ツールです。adb を使用すると、エミュレーターのインスタンスや接続した Android デバイスとやり取りすることができます。
  • スマートフォンとの接続:
    Android Wear アプリをスマートフォンにダウンロードし、ウォッチとスマートフォンをペアリングします。詳しくは以下を参照してください: https://support.google.com/androidwear#topic=6056405
  • デバッグモードの有効化:
    スマートフォンでは、 “Developer Options” に移動し、”USB Debugging” を有効にします。ウォッチでは、”Developer Options” に移動し、”ADB Debugging” および “Debug over Bluetooth” を有効にします。
  • 最後に、スマートフォンで Android Wear アプリケーションを開き、右上の Settings ボタンを押し、”Debugging over Bluetooth” を有効にします。ターゲットが接続中として表示されるはずです。
Note icon

メモ

ターゲットに接続できない場合、スマートフォンとウォッチの両方を再起動してみてください。

はじめに

デバイスを USB でコンピューターに接続し、コマンドラインで “adb devices” と入力して adb を呼び出します。

以下のような出力があるはずです。

List of devices attached
08937p69d0518aac device

これは、スマートフォンがコンピューターに正常に接続されたことを意味します。次にウォッチも接続する必要があります。以下のコマンドを入力します。

adb forward tcp:6666 localabstract:/adb-hub
adb connect localhost:6666
Note icon

メモ

ウォッチ側で接続を許可する必要があります。

もう一度 “adb devices” と入力します。localhost:6666 という新しいデバイスが表示されるはずです。

08937p69d0518aac device
localhost:6666 device

Android Wear アプリで、接続したホストとターゲットが表示されるはずです。

Note icon

メモ

ホストとターゲットの接続は、必ずしも初回で成功するとは限りません。順序を変えて両方のデバイスを再起動してみてください。

これで、デバイスに接続し、アプリのインストルメントをおこない、テストを作成できます。

エミュレート デバイスでのオートメーション

以下では、Genymotion でエミュレートされたスマートフォンを、Google のウォッチ エミュレーターに接続する方法を説明します。

まず、Genymotion をダウンロードし、Android 4.3 以降で Genymotion エミュレーターを起動します。Google のウォッチ エミュレーターの場合、AVD Manager が必要です。

Android Studio を起動し、Tools > Android > AVD Manager に移動します。新規に Virtual Wear デバイスを作成し、起動します。

次に、Genymotion スマートフォンに Google Apps または Gapps をインストールします。Gapps の場合、Play Store もインストールされます。これは Wear App をダウンロードするために必要です。

https://opengapps.org/#downloadsection にアクセスし、エミュレーターに適した Gapps をダウンロードします。Genymotion に Gapps をインストールするには、この手順 に従ってください。

Note icon

メモ

Genymotion エミュレーターで実行している場合、Gapps の動作が不安定になることがあります。

⇢ 前提条件 で説明している手順をおこない、⇢ はじめに で説明している手順でadb でデバイスのリストを表示します。

以下のような出力があるはずです。

List of devices attached
192.168.154.102:5555 device

これは、エミュレートされたスマートフォンがコンピューターに正常に接続されたことを意味します。次にウォッチも接続する必要があります。コマンドラインで以下のコマンドを入力します。

adb -s {genimotion_ip}:{genimotion_port} -d forward tcp:5601 tcp:5601

もう一度 “adb devices” コマンドを入力します。emulator-5600 という新しいデバイスが表示されるはずです。

これで、デバイスに接続し、アプリのインストルメントをおこない、テストを作成できます。