Create a mobile test | Ranorex
Help CenterUser GuideWeb and mobile testing

モバイル テストの作成

この章では、Ranorex Studio でモバイル テストを作成するための基本について学習します。

前提条件

モバイル テストを作成する前に、必要な準備がすべて完了していることを確認してください。

⇢ デバイスの設定 と、Ranorex Service App のインストール
コンピューターと ⇢ デバイスの接続 および ⇢ エンドポイントの追加
アプリの準備

モバイル アプリのテストの場合には、アプリの ⇢ インストルメント
Web テストの場合には、⇢ Ranorex Web Browser のインストール

モバイル テスト ソリューションの作成

モバイル テストを作成するには、RocketStart ウィザードを使用する必要があります。

Ranorex Studio スタートページから、New solution using wizard… または、ファイル > 新規作成 > ソリューション (ウィザードを使用)… をクリックします。
Mobile をクリックします。

ウィザードの指示に従います。
以下の画面で、作成したいモバイル テストを選択し、続行 をクリックします。

Mobile iOS app test
Mobile Android app test
Mobile iOS web test
Mobile Android web test

選択したテストの種類に応じて、必要な準備のチェックリストが表示されます。これまでの手順をおこなっているなら、必要な準備はすべて完了しているはずです。続行 をクリックします。
完了 をクリックします。

ソリューションが以下のように作成されます。

テスト スイート ビュー
テストを構成および制御する場所です。

テスト スイートには、空のレコーディング モジュール Recording1 が含まれています。

Note icon

メモ

レコーディング モジュールには、通常のテストとは異なるアイコンが表示されています。このアイコンは、モバイル テスト用のレコーディング モジュールであることを示しています。標準のレコーディング機能は無効化されています。

このプロジェクトで作成するすべてのレコーディング モジュールは、モバイル レコーディング モジュールになります。

レコーディング モジュール ビュー
Recording1 のレコーディング モジュール ビューでは、アクションを追加することでモバイル テストを作成できます。

空のアクション テーブル
アクションが表示される場所です。

モバイル テストの作成

ソリューションを作成したので、モバイル テストの作成を開始します。この手順は、デスクトップおよび Web テストの作成手順とは異なりますが、それほど複雑ではありません。

RECORD をクリックします。
モバイル デバイスおよびインストルメント済みアプリの選択ダイアログが表示されます。

デバイスおよびアプリを選択します。Ranorex Web Browser を選択する場合には、モバイル Web テスト用の URL も指定してください。

選択に応じて、異なるタイプのテストが作成されます。この例では以下のようになっています。

Ranorex Web Browser を使用した、Android モバイル Web テスト
Dropbox アプリを使用した、Android モバイル アプリ テスト
Ranorex Web Browser を使用した、iOS モバイル Web テスト
MiniKeePass アプリを使用した、iOS モバイル アプリ テスト

Note icon

メモ

アプリが選択項目として表示されない場合には、正しくインストルメントされていることを確認してください。

モバイル テスト作成のセットアップ

CREATE をクリックし、モバイル テストの作成を開始します。

Ranorex Studio は、自動的に以下の処理を実行して、モバイル テストの作成をセットアップします。

Ranorex Studio

Ranorex Studio は、モバイル デバイス上で選択されたアプリを起動し、アクション テーブルに対応するアクションを追加します。

RUN ボタンは、現在のオートメーション ルート、つまり、ローカル コンピューターではなく、モバイル デバイス上でテストを実行するように変更されます。
モバイル デバイスでアプリを起動するアクションが追加されます。

モバイル デバイス

モバイル デバイスでアプリが起動されます。この例では、Dropbox アプリが起動されています。

tipp icon

注意

iOS アプリの場合、モバイル デバイス上で Ranorex Service Application が起動されていて、かつアクティブである必要があります。バックグラウンドで動作している場合、モバイル アプリの起動/停止がおこなえません。

Ranorex Spy

モバイル アプリの UI 要素をトラッキングするために、Ranorex Spy がライブトラッキング モードで起動されます。

アプリのすべての UI 要素を表示している Spy の要素ブラウザー
モバイル デバイス上のアプリのライブ ビュー

テストの作成

モバイル テストの作成は、2 つのステップで構成されます。

ステップ 1: タップ、トラッキング、追加

このステップでは、UI 要素を Ranorex Studio のリポジトリ アイテムとして追加し、アクションで使用できるようにします。

タップ: アプリ内で要素を表示し、タップします。
トラッキング: エンドポイントの参照、または、再表示 をクリックして、Spy のライブ トラッキングを更新します。

追加: 要素ツリーで要素を選択し、右クリック メニューからリポジトリ アイテムとして追加します。または、リポジトリに直接ドラッグ&ドロップします。

ステップ 2: ドラッグ、ドロップ、定義

次のステップでは、UI 要素を “処理”、つまり、アクションで使用します。

ドラッグ: アクション テーブルの任意の場所へ、リポジトリからリポジトリ アイテムをドラッグします。
ドロップ: マウスの左ボタンを離し、リポジトリ アイテムをドロップします。コンテキストメニューで、任意のアクションを選択します。
定義: タイムアウト、キー シーケンスの内容など、アクションに必要な設定をおこないます。アクションはアクション テーブルに表示され、アプリの UI 要素を表すリポジトリ アイテムとリンクされます。

Note icon

メモ

UI 要素を Spy からアクション テーブルに直接ドラッグすることで、上記の手順を簡略化できます。

参照

モバイル テストの作成手順については、以下を参照してください。

Web テストとモバイル テスト > モバイル テスト > ⇢ Android アプリのテストのサンプル / ⇢ Android モバイル Web のテストのサンプル

Web テストとモバイル テスト > モバイル テスト > ⇢ iOS アプリのテストのサンプル / ⇢ iOS モバイル Web のテストのサンプル

効率的なテスト作成のためのノウハウ

Spy でアプリをリモート コントロール

Spy を使用して、アプリをリモートでコントロールすることができます。アプリのメニューや別の画面を表示するための操作を、実際のモバイル デバイス上でおこなう必要はありません。

Spy のライブ ビューで、UI 要素を右クリックし、タッチ/タップ をクリックします。
実際の画面で操作したのと同じように、モバイル アプリでアクションが実行されます。

Spy でテキストを入力

同じような方法で、テキストの入力をおこなえます。

Spy で UI 要素を選択し、詳細 タブをクリックします。
Text 属性フィールドで、任意のテキストを入力し、Enter で決定します。
スクリーン キーボードで入力したのと同じように、モバイル アプリでテキストが入力されます。