Prepare your device | Ranorex
Help CenterUser GuideWeb and mobile testing

デバイスの準備

デバイスを Ranorex Studio に接続してエンドポイントとして追加する前に、いくつかの準備が必要です。

Android デバイスの設定

開発者モードの有効化

モバイル テストでは、開発者モードの一部の設定を有効にする必要があります。このモードは通常非表示になっています。有効にするには以下の手順でおこないます。

デバイスの設定を開きます。
ビルド番号 を確認します。通常、端末情報のセクションにありますが、デバイスの種類や Android のバージョンによって異なります。詳しくは、デバイスのドキュメントを確認してください。
ビルド番号 を、すばやく 7 回タップします。
開発者モード になったことを通知するメッセージが表示されます。
設定に、開発者向けオプションが表示されます。

スリープモードにしないの有効化

USB デバッグの有効化

開発者向けオプションで、USB デバッグ を有効にします。
確認メッセージが表示されます。

tipp icon

注意

一部の Android デバイスでは、USB デバッグが標準の Windows USB ドライバーでは機能しません。この状態では、Ranorex Studio でテストをおこなえません。このような場合には、デバイスの製造元が提供している、開発者向けの USB ドライバーをインストールする必要があります。

デバイスが Windows 上では認識されているにも関わらず、Ranorex Studio でエンドポイントとして追加できない場合には、この条件に当てはまる可能性があります。

デバイスを電源に接続

接続タイプ (USB/WiFi) に関わらず、デバイスを常に電源に接続してください。

特に WiFi 接続の場合、その省エネ機能を無効にするために重要です。

iOS デバイスの設定

自動ロックの無効化

デバイスの設定を開きます。
画面表示と明るさ を選択します。
自動ロックなし に設定します。

デバイスを電源に接続

接続タイプ (USB/WiFi) に関わらず、デバイスを常に電源に接続してください。

特に WiFi 接続の場合、その省エネ機能を無効にするために重要です。

Ranorex Service App のインストール

モバイル デバイスでモバイル テストを作成して実行するには、デバイスに Ranorex Service App をインストールする必要があります。

Ranorex Service App のダウンロード

以下の QR コードをスキャンするか、https://www.ranorex.com/rxApp に移動し、Ranorex Service App をダウンロードします。

Mobile download archive

Mobile Download Archive ページは、Ranorex のバージョンとモバイル OS ごとに分類されています。適切なバージョンの Ranorex Service App をダウンロードしてください。

Ranorex Service App for Android
Ranorex Service App for iOS

Android への Ranorex Service App のインストール

ダウンロード リンクをタップします。
警告メッセージが表示されます。OK をクリックします。

以下のダイアログで、設定 をタップします。
この提供元のアプリを許可 を有効にします。

権限を確認し、インストールします。
Ranorex Service App がインストールされます。

これで、Ranorex Studio と ⇢ デバイスを接続 する準備ができました。

iOS への Ranorex Service App のインストール

ダウンロード リンクをタップします。
インストールをおこないます。

ホーム スクリーンに、Ranorex Service App が表示されます。
App Store 以外からダウンロードしたため、Ranorex Service App は “信頼されていない” 状態です。

Ranorex Service App を信頼する

Service App を使用する前に、アプリを信頼する必要があります。

設定 > 一般 に移動します。
デバイス管理 に移動します。

Ranorex GmbH をタップします。
“Ranorex GmbH” を信頼 をタップします。
信頼 をタップします。
Ranorex Service App が信頼された状態になります。

これで、Ranorex Studio と ⇢ デバイスを接続 する準備ができました。